Event is FINISHED

【香港デモとアート 】 パネルディスカッション パート2、「私たちは、マジで____が大好きなんだぜ!」

Description
(English Follows Japanese)

「私たちは、マジで__が大好きなんだぜ! 」 パネルディスカッション

パート 2ー 香港デモとアート


本パネルディスカッションは、香港デモ展示のイベントシリーズの一環として、香港人の創作活動を通じて東京でも香港の政治運動を理解してもらうことを目的としたものです。10/17(土)開催のパート2は『香港デモとアート』はデモをテーマにした作品制作に光をあてています。

言語:
日本語・広東語

詳細:

このPeatixページは当日オフラインでFabCafe Tokyoに来られる方限定です。

ネット上の生放送に興味ある方は、下記のフェイスブックページにてご参照ください。
( https://www.facebook.com/HongKongArtExhibitionTYO/live )


セッション1:
アートとは ____ (14:00 – 15:30)

アートというものは決して壁にかけるものや美学的な作品、もしくは感情を表現するものに限りません。今回のように、アートは挑発的であり、侵入的なものやデモの表現にもつながります。時にはコミュニティーと連携し、ゲームチェンジャーという役割もあります。本パネルディスカッションでは登壇者の皆さんがそれぞれのコミュニティーにおいて、アートを用い目的を果たすことについて、そしてコミュニティーがどういう風に変わったかを語っていただきます。



セッション2:
デモアートとは ____ (15:45 – 17:15)

デモアートは理念の主張やモラルの向上を表します。それらは傷を癒し、既定の制度を挑戦し、社会中に「さざなみ」を起こすことができます。香港の逃亡犯条例改正案反対デモから見ると、デモアートは観客に体験を与えることを超え、人々の役に立つことができ、そして社会運動となり人々の生活に変化を起こします。この場では「デモアートとその運動」について、登壇者に語っていただきます。



セッション3:
言論の自由と____ (17:30 – 19:00)

社会からの弾圧が強くなればなるほど、人々はより創造的なアイデアを生み出します。こういう現象は様々な場面でもよく見かけます。香港は誰もが自由に発言が出来る都市ですが、もしある日突然市民らの表現の自由が奪われたら、香港、そしてそこに住む香港人はどうなるのでしょうか?日本は人々の表現の自由を互いに尊ぶ国と言われる一方、なるべく不快な気持ちを相手に与えないために忖度をしすぎるイメージがあります。登壇者のみなさんは自身の作品制作を通して言論の自由について語ります。



この度はパネルディスカッションにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

本展示の最終日、10/25(日)18:30よりクロージングパーティーを開催いたします。
現在詳細を準備中ですので、しばらく情報をお待ちください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“私たちは、マジで____が大好きなんだぜ!”

Panel Discussion Part 2

This panel discussion part 2 is under Hong Kong x Protest Exhibition and event series, which aims at letting Japanese audiences understand the political movement through art Hong Kongers’ creation. Part 1 is around the theme “Hong Kong Protest and Us” and is protest oriented, whereas part 2 will be focusing on the creation of the artwork.

Language:
Japanese/Cantonese

Details:

This peatix page is only for those who will directly come to FabCafe Tokyo(10F) on the 17th.

LIVE streaming will be available so for those interested in the online version, please kindly refer to our Facebook page for the latest information.
( https://www.facebook.com/HongKongArtExhibitionTYO/live )


Session 1:
Art is ____ (14:00 – 15:30)
Art does not necessarily have to be hung on the wall; for aesthetics mean or emotional expression. Art can be provocative, intrusive, or it can also be a form of protest. It can also involve community and be a game changer. Our panelists will share with you their experience of practicing art away from the gallery and how they generate impact in the society.



Session 2:
Protest Art is ____ (15:45 – 17:15)
Protest art affirms values, raises morale, heals wounds, challenges the system and makes waves. In the case of Hong Kong, we see evolution – Protest art generates function, goes beyond experience and produces change in a movement. We will investigate the, so to speak, “protest art movement” of Hong Kong with our panelists.




Session 3:
Freedom of Speech and ____ (17:30 – 19:00)
Stronger suppression usually triggers more creative responses. This formula has been witnessed in many different times and places. Hong Kong has been a city where everyone can enjoy freedom of expression, how would it be when their rights were taken in one day? Yet when we think in the context of Japan, a country that seems to respect freedom of speech, but where people tend to avoid causing agitation for others.Our panelists would share their experiences on art creation and the relation with freedom of speech.


Thank you for your interest in this panel discussion.

On the last day of the exhibition, 10/25(SUN),
from 18:30-20:30, we will be hosting a closing party at FabCafe Tokyo.
We will soon update the information so please wait shortly.

Updates
  • The event description was updated. Diff#778066 2020-10-15 07:42:08
More updates
Sat Oct 17, 2020
2:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
アートとは ____ (14:00 – 15:30) FULL
デモアートとは ____ (15:45 – 17:15) FULL
言論の自由と____ (17:30 – 19:00) FULL
Venue Address
道玄坂ピア 1F, 1 Chome-22−7 Dogenzaka, Shibuya City Japan
Organizer
FabCafe Tokyo
4,552 Followers